勝沼のぶどう狩り料金と楽しみ方

秋の風物詩でもあるぶどう狩りですが、中でも有名なのは山梨県の勝沼でしょう。ここでのぶどう狩りを目一杯楽しむための情報をお届けします。

サイトトップ > ぶどう狩りのメッカ

スポンサードリンク

勝沼のぶどう狩り料金と楽しみ方

ぶどう狩りのメッカ


秋には美味しい果物がたくさんあって毎年楽しみにしている人も多いかと思います。もともと日本のぶどうは中国から輸入されたヨーロッパブドウ系が自生化したのが始まりとされていて、鎌倉時代の初期に甲斐国の勝沼(現在の山梨県甲州市)で栽培が始められるようになり、江戸時代までは同地近辺に向けての特産品として扱われていました。


ちなみにヤマブドウは古くから日本に自生していましたがこれは別系統です。ぶどうの果実はそのまま生食する以外に、乾燥させての干しレーズンや、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、ジュース、ゼリー、缶詰の原料にもなるので、実に活用度の高い果物だと言えるでしょう。


更にワインの製造では、残った種子は搾油の原料としてグレープシードオイルが製造され、種子にはプロアントシアニジンが含まれているので、健康食品用などにも使われています。


こうしたぶどうの産地といえば、まず出てくるのがやはり山梨県だと思いますが、山梨県のぶどうの歴史は前述の通りかなり古く、1200年以上前から栽培されていたとも言われています。


以来、高品質の品種がたくさん栽培され、生産量はもちろん日本一となっています。代表的な品種は、歴史ある種なしぶどうの「デラウェア」、人気が高い「巨峰」、オリジナル品種となる「ピオーネ」や「甲斐路」、白ワインの主要品種となる「甲州」など多彩です。


収穫時期は7月中旬~11月中旬で、県内の主な産地は山梨市、笛吹市、甲州市、甲府市、甲斐市、南アルプス市、韮崎市ですが、中でも甲州市の勝沼はぶどう狩りも楽しめるぶどうの産地として多くの観光客を集めています。


勝沼のぶどう狩り料金と楽しみ方

MENU



スポンサードリンク